キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 バイクの装備について : 気になるバイクのこと

バイクの装備について

「バイク」の事に関する情報サイトです。
バイクに乗る時は風を前進にうけますから、夏でも体が冷える事もあり、専用の装備やライダースーツもあったほうが安心です。

バイクの装備について

バイクに乗る人の多くは、真夏でも半袖のTシャツの上にライダースジャケットを着ています。

ボトムスもジーンズや革のパンツを履いているのを見かけますが、止まっている時は暑くても走っている時は必須アイテムとなります。

特に冬は気温が下がるので、体だけでなく手も手袋をしないと、かじかんでしまい思わぬ事故につながる可能性があります。

普通に歩いているだけでも寒い季節は、特に防寒装備は大切です。

ここでポイントとなるのが、風を受けるという事です。

一般的には寒い時にウールのセーターなどが温かく便利ですが、編み目から風が通ると意味がありません。

バイク乗りが皆革のライダースジャケットを着ているのは、見た目の格好良さだけでなく、防寒対策の意味もあるのです。

皮革のジャケットやスーツなら風を通さないから、バイクに乗っている時に体が冷えるのを防げます。

とはいえ、高速道路の長距離にもなれば、走っている間中風を受けるのでどうしても体が冷えます。

冬には冬用ジャケットもありますし、温かインナーを着るなどして厚着にならず温かさを確保できます。

首元が冷えると体温も下がりやすいのですが、マフラーは邪魔になる事もあります。

こういう時はネックウォーマーが便利です。

グローブも欠かせませんが、冬用は厚みがあって手が動かしにくくなります。

手袋にも薄手のインナーがあるので、重ねづけなどで対処できます。

冬はいつもより装備にも注意してください。